2012調査研究報告書
平成24年度老人保健事業推進費等補助金老人保健健康増進等事業
       

ケアラーを地域で支えるツールとしくみ

≪2012年度≫
多様な介護者を地域で支援するツールの検証および人材養成プログラムの開発等モデル実践に関する調査研究事業

2012年度は、全国3カ所(北海道栗山町・埼玉県さいたま市・東京都杉並区)にて、5つのモデル事業を実施しました。その結果をご報告いたします。


表紙(1ページ、125KB)


目次(1ページ、475KB)


はじめに(1ページ、568KB)


第1章 調査研究事業の目的と概要(6ページ、837KB)

1.調査研究の目的
2.調査研究の概要
3.調査研究担当者


第2章 ケアラーのためのアセスメント(セルフアセスメントとケアラーアセスメント)ツールのモデル実践(32ページ、4,158KB)

1.セルフアセスメント
2.ケアラーアセスメント


第3章 ケアラー手帳のモデル頒布と検証(18ページ、1676KB)

1.はじめに~ケアラー手帳開発の経緯~
2.ケアラー手帳モデル頒布・検証事業の概要
3.ケアラー手帳・ケアラー緊急カードのモデル頒布と検証方法
4.ケアラー手帳・ケアラー緊急カードの検証の結果
5.ケアラー手帳・ケアラー緊急カードの評価
6.今回の事業の検証の限界と今後の課題~これからのケアラー手帳とケアラーカード~


第4章 ケアラーズカフェの立ち上げモデル実践(18ページ、1081KB)

1.はじめに~ケアラーズカフェ設置の経緯~
2.ケアラーズカフェ立ち上げモデル実践事業の概要
3.ケアラーズカフェのモデル事業報告(3地域)
4.ケアラーズカフェアンケートの配付と調査方法
5.ケアラーズカフェアンケートの結果
6.結果の考察
7.今回のアンケート調査の限界と今後の課題
8.おわりに


第5章 多様な介護者を支援する人材養成プログラムの開発(18ページ、2303KB)

1.はじめに
2.多様なケアラーを支援するための人材養成プログラムの開発
3.ケアラーサポーター養成研修モデル実施調査結果


第6章 ケアラー支援地域モデル事業推進委員会の立ち上げ実践(8ページ、706KB)

1.ケアラー支援地域モデル事業推進委員会の概要
2.推進委員会の成果と課題


第7章 今後のケアラー支援のあり方に関する提言(10ページ、721KB)

1.事業の成果と改善策
2.ケアラー支援策の具体化に向けて


資料編(94ページ、18412KB)

・ケアラーズアセスメントツール
・ケアラー手帳(栗山町・さいたま市・杉並区)
・ケアラーズカフェ資料
・ケアラーサポーター養成研修テキスト


おわりに(2ページ、822KB)


執筆陣(五十音順)

鈴木奈穂美(専修大学准教授)
中村健治(北海道社会福祉協議会)
堀越栄子(日本女子大学教授)
牧野史子(NPO 法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン理事長)
松澤明美(茨城キリスト教大学准教授)
森山千賀子(白梅学園大学准教授)
山口麻衣(ルーテル学院大学准教授)